グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム >  花の舎病院 透析センター >  花の舎病院透析センターについて

花の舎病院透析センターについて


ごあいさつ

花の舎病院の透析センターでは、「外来通院維持透析」、「老人保健施設に入所しながらの透析」を行っています。透析専門施設であるため、落ち着いた環境のなかで治療が受けられます。また、要介護認定、認知症のある患者様には、併設の老人保健施設ひまわり荘に長期入所しながらの透析が行えます。

通院が難しい患者様のために送迎サービスを充実させています。車椅子のまま乗車できる福祉車両を整備し、ご自宅から当院までのドアtoドアの送迎を行います。
送迎エリアは、「野木町」、「古河市」、「小山市」、「結城市」、「栃木市」と広域をカバーしています。最新の透析機器や、管理システムを備え、医師、臨床工学技士、看護師、介護士が勤務しており、患者様が安全で安心して治療が行えるようお手伝いさせていただいています。

施設概要

住所 〒329-0112 栃木県下都賀郡野木町南赤塚1196-1
電話 0280-54-0087(直通)
透析ベッド数 35床
送迎サービス範囲 野木町、古河市、小山市、結城市、栃木市

透析センター 医師紹介

川本 秀樹
資格 泌尿器科専門医
所属学会 日本泌尿器科学会
アメリカ泌尿器科学会
日本透析医学会
日本老年医学会

種畑 美奈子
卒業校 群馬大学医学部 卒業
所属学会 日本透析医学会

診察スケジュール

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
午前:8時00分
午後:12時30分