グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




回復期看護の特色


  • 主疾患の管理、再発・合併症の予防
    安心してリハビリテーションを行えるように、疾患の管理を行います。

  • 24時間の入院生活を通した自立支援
    リハビリテーションで獲得した能力「できるADL」を生活上で実際に行なう能力「しているADL」に転換できるように、日常生活動作を通して支援します。

  • 障害受容への精神的サポート
    様々な背景を持つ患者さんの思いに寄り添い、主体的に考えられるように援助します。

  • ご家族へのケア
    入院中から退院後も、ご家族が患者さんを支えられるように、不安や疑問を解決しケアの指導を行ないます。

  • 退院支援
    社会資源を活用し、安心して在宅生活に戻れるように支援します。