グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




概要


看護部の理念
医療チームの一員としてリハビリテーション看護・介護の専門性を追求し、最良のケアを提供します。

看護部の基本方針

  • 専門職として倫理綱領を遵守した対応を心がけます
  • 他職種と協働し患者さん、ご家族を支援します
  • 安心・安全な療養環境の創出に努めます
  • 一人ひとりがキャリアプランを持ち、専門職としての能力開発に努めます

平成28年度 看護部の目標

「花の舎病院ケア10項目」を確実に実践しよう
報告・連絡・相談のできる明るい職場づくりをしよう
安全で清潔、快適な療養環境をつくろう

花の舎病院ケア10項目

  1. 食事は食堂に誘導し、経口摂取への取り組みを推進しましょう
  2. 洗面は洗面所で朝夕、口腔ケアは毎食後実施しよう
  3. 排泄はトイレへ誘導し、オムツは極力使用しないようにしょう
  4. 入浴は週2回以上、必ず浴槽に入れるようにしよう
  5. 日中は普段着で過ごし、更衣は朝夕実施しよう
  6. 二次的合併症を予防し、安全対策を徹底し、可能な限り抑制は止めよう
  7. 他職種と情報の共有化を推進しよう
  8. リハ技術を習得し看護ケアに生かそう
  9. 家族へのケアと介護指導を徹底しよう
  10. 看護計画を頻回に見直しリハ計画に反映しよう

回復期リハビリテーション病棟協会 看護委員会
回復期リハ病棟ケア:10項目宣言より

介護目標

(1)他職種との情報共有ができ、責任を持って退院まで介護が行なえる。
  1. 安全、安楽に過ごせるよう居室の環境を整える。食前に各居室を巡回し、ベッド周囲の確認をし、転倒転落防止に努める。
  2. 患者の状況を把握し、リハビリカンファレンスの入力と記録ができる。
  3. 患者やスタッフに対し、挨拶や言葉遣いに気をつけて、笑顔で接することができる。

(2)季節感、生活リハビリを取り入れたレクリエーションの企画、提供ができる。
  1. 水、日曜日の夕食後にレクリエーションが行なえる。
  2. 日中の余暇時間にレクリエーションが行なえる。

看護方式と看護体制

1 看護方式 モジュール型 + プライマリーナーシング
2 勤務体制(2交代制) 日勤:8時30分~17時30分
夜勤:17時00分~9時00分
3 看護配置・看護単位 看護師…15:1/介護士…30:1/回復期病棟…3
4 記録様式 フォーカスチャーティング