グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム >  トピックス・お知らせ >  第9回 友志会・駿仁会 リハビリ部発表会 開催 

第9回 友志会・駿仁会 リハビリ部発表会 開催 


11月28日(土) リハビリテーション花の舎病院(野木町)にて、今年で9回目となりました友志会・駿仁会リハビリ部発表会が開催されました。 当法人の各施設から理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・看護師・介護士が集まり、全16演題を発表し、 活発な意見交換が行なわれました。
日々、利用者さんと関わらせて頂くなかで、各自が行なうリハビリや看護について、振り返り、共有する貴重な機会となっています。
ご支援、ご協力いただきました関係者の皆様には、心から御礼申し上げます。

友志会リハビリテーション部

友志会リハビリテーション部

発表会プログラム

参加病院/施設:リハビリテーション花の舎病院、野木病院、介護老人保健施設ひまわり荘、介護老人保健施設けやきの舎、介護老人保健施設夢彩の舎、介護老人保健施設ぶどうの舎、訪問看護ステーションたんぽぽ、石橋総合病院、訪問看護ステーション石橋
13:30 開会・開会あいさつ
第一部
13:35 座長紹介・あいさつ
演題1 下肢荷重に有効な立ち上がり動作の探求~重心動揺計を用いて~
演題2 Berg balane scaleと体幹機能検査の関係性について
演題3 自主練習提示における目標共有の意味
質疑応答
演題4 麻痺側上上肢機能の改善を目的としたミラーセラピーの効果
演題5 当施設における要支援者の立ち上がり動作能力と転倒との関連
演題6 回復期病棟での介護士の役割~食事気になる表を使用して~
質疑応答
14:45 休憩
第二部
15:00 座長紹介・あいさつ
演題7 R4システムを導入して見えてきたこと
演題8 デイケアでの卒業への取り組み
演題9 パワーリハビリ利用者の目的に合わせた活動を掲示した結果
質疑応答
演題10 転倒とJ-CPATの項目との関連性について
演題11 社会参加の獲得に向けて~生活行為リハビリテーションを通じて~
演題12 たんぽぽ利用者の生活時間の調査
質疑応答
16:10 休憩
第三部
16:25 座長紹介・あいさつ
演題13 ポジショニングによる運動野の脳血流量の変化~NIRSを用いて~
演題14 失語症のタイプと語の列挙の改善についての検討
演題15 記憶機能とADLの関係性について
演題16 エコーを用いた肩関節機能の検討
質疑応答
17:15 全体講評
17:30 閉会式