グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム >  トピックス・お知らせ >  ももの舎(古河市)でそば打ちを行いました

ももの舎(古河市)でそば打ちを行いました


古河市のグループホームももの舎では、施設と入居者様ご家族の交流の場として春・夏・冬の年3回家族会を開催し、毎回さまざまなお楽しみイベントを企画しています。

2016年4月16日(土)に春の家族会が催され、有限会社森ファームサービス様・古河手打ち蕎麦の会様のご協力のもと、そば打ちが開催されました。

そばと粉をつなげる「水回し」という大切な作業工程です。

何度も練って、きれいなそば玉ができあがりました。

めんぼうを使い、生地の厚さを均等に整えます。

たたんだ生地を包丁で切っていきます。

打ち立ての二八そばの完成です★

みなさん「最高の味!」「おいしい!」と声をそろえて喜んでいらっしゃいました。

今回のそば打ちのようすは古河市のリバーシティ・ケーブルテレビ様にも取材されました。近日放映予定とのことですので、ぜひご覧ください。