グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム >  トピックス・お知らせ >  第12回【リハビリ部発表会】を開催しました

第12回【リハビリ部発表会】を開催しました


2018年12月8日(土) スペースU 古河

テーマ【友志会・駿仁会リハビリ部の取り組みを知る】

友志会・駿仁会リハビリ部は200名を超え、
地域に根ざした質の高い医療と福祉の提供ができるよう
日々の業務に取り組んでおります。

今年度は医療・介護保険制度の同時改定がありました。

その為、各施設の関わりだけでなく
施設間の連携が重要になると考えます。

今回の発表会を通じて、各施設の現在の取り組みを共有し
患者・利用者に対していかに質の高いリハビリテーションを
提供できるかを考える良い機会になったと思います。


ご挨拶

友志会の正岡太郎理事長より
開式のご挨拶をいただきました。

駿仁会の大山奈津子理事長より
ご挨拶をいただきました。

延寿会の河合亜希子理事長より
ご挨拶を頂きました。

水戸先生からもご挨拶がありました。

演題発表

施設【ツバメゆかい】について。

今後の新たな展開・取り組みについて。

ディスカッション

ディスカッションの様子。
活発な意見交換が行われました。

積極的に意見を述べる方が多く、
会場は熱気に包まれました。

受賞者発表(上位3位)

発表会の表彰の様子。

++++++++++++++++++++++

今回発表して頂いた13の演題の中から、
入賞した上位3位までを紹介させていただきます。

【1位】最優秀賞
介護老人保健施設 ひまわり荘
■生活期の脳血管障害患者の上肢機能改善から
        役割の再獲得につながった症例
       ~老健でのHANDS療法を通して~

【2位】
リハビリテーション 花の舎病院
■退院後に自動車の運転を希望された者の
         運転の可否とSDSAとの関連性

【3位】
石橋総合病院
■手根管症候群患者における定量化された
     SWTスコアとVASスコアの関係について                
介護老人保健施設 けやきの舎
■社会参加の目標を掲げる通所利用者に対して
             私たちが支援できる事