グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム >  トピックス・お知らせ >  ぶどうの舎 入所の選択メニューを始めました

ぶどうの舎 入所の選択メニューを始めました


介護老人保健施設ぶどうの舎(栃木市)栄養課では、入所中の利用者様にもお食事を選ぶ楽しさをお届けしたいと考え、1月27日(金)昼食に選択メニューをはじめて実施しました。
共通となるお食事(ご飯、ひじきの煮物、ポテト明太子、味噌汁)に、メインのおかずとして以下の2種類からお好きな方を選択頂けるようにしました。

A:とんかつのきのこおろしポン酢

B:五目玉子焼き

利用者さんからは、「昔、自分で料理をしていた頃を思い出した」「若いころの好物だったから嬉しい」など、昔の思い出をお話されながらお食事を楽しむ様子がみられました。
また意外なことに、女性はとんかつ、男性は玉子焼きを選ぶことが多かったようです。
今回、入所の選択メニューが好評でしたので、今後も続けて参りたいと思います。