グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム >  野木病院 透析センター >  野木病院透析センターについて

野木病院透析センターについて


ごあいさつ
野木病院の透析センターでは、「透析導入(開始)」、「外来透析」、「入院透析」、「老人保健施設に入所しながらの透析」と医療・介護まで包括的に対応しています。
外来透析では、野木駅から徒歩10分のアクセス環境に加え、必要な方にはドアtoドアの無料送迎サービスを行っています。入院透析では、60日間まで入院が可能な地域包括ケア病棟52床を持っています。要介護認定、認知症のある患者様には、併設の老人保健施設ひまわり荘に長期入所しながらの透析が行えます。最新の透析機器や、管理システムを備え、医師2名を始め、臨床工学技士・看護師・介護士が勤務しており、患者様が安全で安心して治療が行えるようお手伝いさせていただいています。

施設概要

住所 〒329-0101 栃木県下都賀郡野木町友沼5320-2
電話 0280-54-1315(直通)
透析ベッド数 19床
送迎サービス範囲 野木町、古河市、小山市、結城市、栃木市

透析センター 医師紹介

関口 義雄
出身校 獨協医科大学 卒業
専門分野 腎疾患・透析

種畑 美奈子
出身校 群馬大学医学部 卒業
専門学会 日本透析医学会

診察スケジュール

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
午前:8時00分
午後:12時30分 - - -