グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム >  野木病院 >  診療科 >  リハビリテーション科

リハビリテーション科


急性期リハビリテーション

急性期のリハビリテーションは、早期離床と廃用症候群による二次的合併症予防を目的としています。在宅や回復期病院へ円滑に繋ぐため、発症早期より医師や看護師と連携して全身状態に配慮しながら治療的介入を行います。

所属代表のコメント

野木病院リハビリテーション科では脳血管疾患(脳梗塞、脳出血など)、運動器疾患(大腿骨頚部骨折、脊椎圧迫骨折など)、呼吸器疾患(COPD、肺炎など)に対する3つのリハビリテーションを行っています。
デイケアセンターAQUAを併設しているため、入院や外来のリハビリテーションから介護保険への移行も円滑に行うことができます。

[要支援認定・介護予防リハビリを希望される方へ]
介護予防フィットネスリハビリテーションセンターAQUA」のご案内

スタッフの資格取得状況

3学会合同呼吸療法認定士 3名
介護支援専門員 1名

リハビリテーションの様子

施設のご紹介

外観

プラットフォーム

物理療法

「友志会リハビリテーション部」のご案内

あらゆるライフステージに対応して継続的に提供できる支援システムを地域に展開し、その中でリハビリテーションが急性期から回復期、生活期へと遅滞なく効率的に継続できるよう取り組んでいます。

≫ 友志会リハビリテーション部について、詳しくはこちら