グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム >  野木病院 >  野木病院 看護部のご紹介 >  看護部について

看護部について


看護師長のご挨拶

野木病院は当法人の急性期医療を担っています。また、野木町の基幹病院、「かかりつけの病院」として地域の皆様との関わりをもっております。

そのため、当院では患者様だけではなくご家族とも長い期間医療を通し、関わりを持ち続けた看護を提供できます。また、地域包括ケア病棟を有しており、病気になっても住み慣れた地域や家庭で生活できるよう、患者様の状態に応じ適した生活の場を考えながら退院支援をすることができる環境にあります。

リハビリ担当者との連携、薬剤師による指導、管理栄養士による相談、各施設担当者との連携、外来・病棟・透析との連携をタイムリーに実施できます。

最後に、友志会看護部の研修体制の特色について。1年間で様々な機能・役割を持つ友志会の病院や介護施設で看護研修を実施します。多様な看護の現場を知ったうえで、自分で希望の病院・施設を決めることが出来ます。関連施設が多くありますので、自分に合った場所でキャリアを積むことができるのが大きな特色です。
野木病院 看護師長 荒籾 祈美枝

看護部理念

野木病院,看護部,看護,看護師

地域住民の健康意識を高める事に貢献する。

患者様の気持ちに寄り添う看護を提供する。

常に提供する看護の質の向上を図る。

看護部目標

  • 地域住民が健康や病気・セルフケアについて考える機会を提供する。
  • 患者様・ご家族個々にあった看護計画を立案し、適切な看護技術を提供する。
  • 常に患者様・ご家族の求める看護に対応できるよう、看護知識・技術の習得に努める。

看護部の特色

地域包括ケア病床における看護部の取り組み

野木病院,看護部,看護,看護師,地域包括ケア

野木病院では全床地域包括ケア病棟の病院です。
看護部では、病気になっても住み慣れた地域や家庭で生活できるよう、患者様の状態に応じ適した生活の場へ退院できるようさまざまな取り組みをおこなっています。

各職種との連携
看護部は、医師・薬剤師・リハビリ専門職、栄養士、ケアマネージャー、訪問看護師、訪問診療医師、各施設担当者、ヘルパーと連携して、患者様の退院支援をしております。また、平成27年7月より当院に「地域医療連携室」が開設され、入退院の相談も気軽にできるようになりました。