グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




たんぽぽ概要


訪問看護ステーションたんぽぽは、在宅での療養生活を自分らしく安心して過ごせるよう、ご利用者やご家族の気持ちに寄り添い、24時間365日体制で支援いたします。

たんぽぽの3つの特徴

1. 「機能強化型訪問看護ステーション1」の指定 (平成26年4月)

たんぽぽは在宅医療を推進するための高い機能を備えた事業所として、「機能強化型訪問看護ステーション1」の指定を受けています。在宅療養生活を送るさまざまな状態の方への対応が可能ですので、ご利用を検討されている方はお気軽にご相談ください。
「機能強化型訪問看護ステーション1」の条件
  • 常勤看護師7名以上であること
  • 訪問看護は24時間対応し実践すること
  • ターミナルケア(終末期・ご自宅での看取り)を実践すること
  • ご自宅で最期まで(主にがんや老衰の方)暮らしたいと考えている方や家族に対する支援
  • 重症度の高いご利用者に対応し支援をすること
    (寝たきりの方、人工呼吸器や在宅酸素、膀胱留置カテーテルや人工肛門、在宅中心静脈栄養や胃瘻の造設等、医療機器を使用している方)
  • 居宅介護支援事業所(ケアマネジャー)を併設していること
  • 地域住民の方に対する情報提供や相談を実施していること など

2. 訪問リハビリの実施

たんぽぽでは、在宅療養生活の継続のためにセラピストによる訪問リハビリも実施しています。また、ご利用者の能力に合わせた福祉用具・住宅改修のご提案も行っています。
詳しくは「訪問看護・訪問リハビリについて」のページをご覧ください。

3. 居宅介護支援事業所併設

たんぽぽの事業所内には、在宅介護のご相談の窓口として、「たんぽぽ居宅介護支援事業所」を併設しています。訪問看護ステーションと居宅介護支援事業所が密に連携しているため、特に医療ニーズの高いご利用者の方は安心です。詳しくは「居宅介護支援事業所」のページをご覧ください。

訪問範囲

事業所のある野木町周辺はもちろん、茨城県南西部にお住まいのご利用者の方へも対応しているため、古河市の「けやきの舎」にサテライト事業所(出張所)を併設しています。

  • たんぽぽ:野木町・古河市・小山市・栃木市
  • サテライト古河:古河市・五霞町・境町・八千代町・坂東市(一部地域)・結城市(一部地域)
※訪問範囲に関しましては、随時ご相談に応じます

スタッフ数

看護師 18名
理学療法士 5名
作業療法士 3名
事務員 2名
合計 計28名
(平成26年9月現在)