グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




たんぽぽの理念・目標


訪問看護師からのメッセージ

住み慣れた家で生活したいと誰もが願っています。病気や障害があっても安心して自分らしく暮らせること、たとえ寝たきりの方であっても、ターミナルの方であってもその方のもてる力を引き出し希望を満たせる訪問看護とは何かを一緒に考え実践しませんか。

常にご利用者・ご家族に寄り添い個別性を重視した訪問看護を一緒に実践しましょう!
自分の看護に疑問を感じていませんか。
訪問看護に興味・関心のある方、お待ちしています。一緒に働きましょう!!

たんぽぽの理念

  1. 病気があっても障害があっても、その人らしい生活が出来るよう、ご利用者・ご家族の気持ちに寄り添い、暮らしを支援します。

  2. ご利用者・ご家族が安全・安楽に生活できる環境を提供します。

たんぽぽの看護目標

1

  1. 専門職として知識と技術の向上に努め、訪問看護師・リハビリスタッフ個々の質の均一化を目指します。
  2. 小児から高齢者まで、介護予防からターミナルまであらゆる疾患のご利用者とニーズに応じた訪問看護、訪問リハビリを実践します。
  3. ご利用者の人格、人権を尊重し個別性を重視した訪問看護・訪問リハビリを実践します。
  4. ご利用者のもてる力を引き出し、希望を満たせる訪問看護・訪問リハビリを実践します。

2

  1. 緊急連絡体制により、24時間365日いつでも訪問しご利用者・ご家族への安心の確保に努めます。
  2. ご利用者・ご家族の個々の状況に応じた療養生活の教育を実践します。
  3. 他職種、他機関との連携、調整ができ、療養生活の中での困りごとにどこよりも早く対応します。