リハビリテーション花の舎病院

花の舎透析センターの特徴

1.高性能透析機器オンラインHDFの導入(全床)

オンライン血液透析ろ過(オンラインHDF)は、血液透析ろ過で使用する点滴(補充液)を使用せず、透析液供給装置から送られる透析液を、直接置換液として使用するため、より多くの補充液を置き換えできるというメリットがあります。短時間でより多くのろ過を行うことのできるオンラインHDFは、透析にかけられる時間の短い方にも有効な治療法です。

2. 生活保護受給者の受け入れを行っています

当院は、自立支援医療(更生医療)医療機関に指定されており、生活保護受給者をお受入しています。身体障害者手帳をお持ちのかたが、その障がいの軽減・除去や機能回復のための医療を受けられた場合に、公費の負担が受けられます。

3.老健入所透析(介護透析)を行っています

介護老人保健施設に長期入所しながら隣接施設で人工透析を受けられることを「介護透析」と呼んでいます。患者さんの病態に応じて、「介護透析」をご利用になれます。「医療」と「介護」の連携による、包括サポートを実現します。

4.通院が難しい患者さんのために送迎サービスを実施しています

通院が難しい患者さんのために送迎サービスを充実させています。車椅子のまま乗車できる福祉車両を整備し、ご自宅から当院までのドアtoドアの送迎をお行います。送迎は、祝日も年末年始も行います。送迎エリアは、「野木町」、「古河市」、「小山市」、「結城市」、「栃木市」と広域をカバーしています。専従の運行責任者が、きめ細かい調整を行い、待ち時間や乗車時間が短くなるように努めています。

5.「穿刺でお待たせしない」を心がけています

透析開始時の穿刺での待ち時間を無くし、スムーズに透析を開始できる体制を整え、ストレス無く治療をお受けいただくことを心がけています。使用する針も、患者さんの穿刺部位、血管の状態、穿刺時の痛み等により患者さんに適した針を使い分けています。

6.アメニティの充実

透析患者さんが安心かつ快適に透析を受けていただけるよう、アメニティの充実に努めております。

  • 各ベッド液晶TV完備(無料)
  • ウォーターベッドの導入:長時間の透析の際の身体のご負担を減らします。
  • 更衣室:透析患者さん専用の更衣室を完備。パジャマ・タオルも無料でお貸出ししております。
  • ラウンジ:光あふれるゆったりとしたラウンジにて、お食事をとっていただいたり、ゆっくりとおくつろぎいただけます。
  • お食事:透析後に希望の患者さんにはお食事を提供しております。
ページ上部へ
戻る