NEWS

2020.10.12

  • 介護

AQUA利用者さん 100歳のお祝い

介護予防フィットネスリハビリテーションAQUA(栃木県野木町)利用者の長島壽子さまが来年で満100歳を迎えられ、内閣総理大臣から表彰状と記念品が贈られました。

長島さんは取材日に表彰状と記念品を持ってきてくださり、利用者さんやスタッフと一緒に記念撮影を行いました。

長島さんは大正10年(1921年)3月生まれで、若い頃は東京で生活されていました。第二次大戦中には航空会社で最初の女性社員として勤務をし、地方への疎開やご主人の復員など激動の昭和時代を懸命に駆け抜けました。

まもなく100歳を迎える現在でも、近所の公園まで散歩に出かけているほど、非常に活動的に過ごされています。
健康の秘訣は「無理せずに過ごすこと」。そして「納豆や甘酒など発酵食品をよく食べること」を習慣にしているそうです。

AQUAの利用を開始したのはちょうど10年前ですが、それから一度も要介護にならず、要支援の状態を維持しています。

長島さんの元気なお姿は、AQUAの他の利用者さんの目標にもなっています。今後もAQUAでリハビリをしながら、いつまでもお元気でいてくださいね!