訪問看護ステーション たんぽぽ たんぽぽサテライト古河

訪問看護と訪問リハビリ

訪問看護について

たんぽぽでは、在宅療養生活を送られているさまざまな年齢、さまざまな健康レベル、さまざまな状態のご利用者・ご家族のニーズに添い細やかな対応をしております。

訪問看護の内容

  • 病状観察
  • 生活支援 (食事などの栄養管理、排泄ケア、入浴や清拭等清潔面の支援)
  • 療養生活、介護方法の相談やアドバイス
  • 保健・福祉サービスなどの活用支援
  • カテーテルの交換・管理
  • 褥瘡の予防、処置
  • 看護師によるリハビリテーション
  • マッサージ等のリラクゼーション
  • ターミナルケア(終末期看取りに対するケア含む)
  • その他、医師の指示による処置(採血、注射・点滴、内服薬の管理など)

訪問リハビリについて

病院・施設から自宅に戻られた方や自宅で生活を送っている方の生活動作の不自由さに対し、ご自宅にて心身機能の促通だけでなく、生活動作練習や介助指導、福祉用具・住宅改修の助言・提案等を展開しています。
脳卒中後遺症や骨折、生活不活発病(廃用症候群)、神経難病、がん、小児疾患など利用者様の疾患は多岐にわたり、お子様から高齢者までその方の状態に合わせたサービスを自宅で提供させていただきながら、住みなれた地域でより長く生活できるための支援を行っております。

訪問リハビリの内容

  • 機能促通練習
    廃用症候群の予防と改善。
    基本動作能力の維持・改善(起居動作・立ち上がり・歩行など)。
  • 日常生活動作の練習
    生活環境にあわせた、トイレ、更衣動作練習や家事動作(料理・洗濯・掃除)の練習等を行います。
  • 家族や他職種へ動作のアドバイス
    リハビリの視点から、アドバイスをさせていただきます。
  • 福祉用具・住宅改修の提案
    ご利用者さまやご家族がより安全で快適な日常生活を送れるよう、手すりの設置や段差の解消など、作業療法士、理学療法士が専門的な視点からアドバイスいたします。

小児訪問リハビリテーション

令和2年1月から専従スタッフを配置しております。リハビリを通して成長・発達を促しながら個性を大切にし、変化を生活に活かせるよう日常生活の動作や補装具等の助言・提案、医療機関・学校等との連携を行っていきます。その子らしい生活が送れるようご本人・ご家族と一緒に考えていきたいと思います。

ページ上部へ
戻る