リハビリテーション花の舎病院

病院概要・沿革

リハビリテーション花の舎(いえ)病院は、回復期リハビリテーション専門病院です

回復期リハビリテーション病院とは、脳卒中(脳梗塞・脳出血)や脊髄損傷、大腿骨頚部骨折などの発症(手術)後に、低下した能力を再び獲得するために、集中的なリハビリテーションを行う病院です。
当院では、80名以上の理学療法士、作業療法士、言語聴覚士を配置し、患者さんに365日、1日約3時間マンツーマンでのリハビリテーションを提供します。身体機能の回復のための機能訓練、実際の家屋構造を模したADL室や居室で行う生活動作訓練、そのほか福祉用具の導入や住宅改修の提案など、入院患者さんの個々の状態に合わせ、安心して在宅復帰できるよう、様々なリハビリテーションを実施します。当院に入院される患者さんのうち、8割以上の方が自宅に退院しています。
急性期から回復期、その後の在宅生活まで、「関わり合いを持ったときからいつまでも共に生きる」の理念のもと、リハビリテーションを通じて、地域医療に貢献してまいります。
当院への入院をご希望の方は、地域医療連携室までご相談ください。

病院概要

名称医療法人社団友志会 リハビリテーション花の舎病院
所在地〒329-0112 栃木県下都賀郡野木町南赤塚1196-1
連絡先電話番号:0280-57-1200(代)FAX番号:0280-57-2480
院長近藤 智善
病床数114床(さくら病棟52床、れんげ病棟27床、すずらん病棟35床) 
透析室:35床
診療科リハビリテーション科、脳神経内科、内科、人工透析
主な施設設備16列マルチスライスCT、筋電図計、脳波計、嚥下内視鏡装置、嚥下造影装置
光トポグラフィー、アンウェイシステム、重心動揺計、透析装置(35台)
施設基準回復期リハビリテーション病棟入院料Ⅰ(さくら病棟)
回復期リハビリテーション病棟入院料Ⅲ(れんげ病棟・すずらん病棟)
休日リハビリテーション提供体制加算
リハビリテーション充実加算
脳血管疾患リハビリテーション料I
運動器リハビリテーション料I
呼吸器リハビリテーション料I
入院時食事療養費I
各種学会等認定施設日本リハビリテーション医学会研修施設
日本神経学会 准教育施設

沿革

2003年4月リハビリテーション花の舎病院開設(52床)
2003年7月回復期リハビリテーション病棟入院料取得
2006年4月62床増床 病床数114床に(回復期リハ79床、療養病床35床)
2006年12月全床(114床)、回復期リハビリテーション病棟入院料取得
2008年7月地域連携診療計画退院時指導料取得
2010年4月休日リハビリテーション提供体制加算取得
リハビリテーション充実加算取得
嚥下造影検査・嚥下内視鏡検査開始
2012年4月近藤智善 病院長 就任
日本リハビリテーション医学会研修施設認定
2013年4月電子カルテシステム導入
2017年6月さくら病棟 回復期リハビリテーション病棟入院料Ⅰ取得

ページ上部へ
戻る